【覚醒】仮想通貨の可能性に気付くための動画その①

SBIグループが仮想通貨(リップル)を激推ししている事実

そもそもSBIグループって?という方は以下を参照されてください。

ソフトバンク株式会社の持株会社制導入に伴い、1999年4月にソフトバンクの管理本部55名を率いて中間持株会社としてソフトバンク・ファイナンス株式会社を設立(現在はソフトバンクテレコム株式会社に吸収)。傘下にインターネットを軸に金融関連事業を行う事業会社を数多く設立した。 その後、事業再編等を行いながら傘下の企業を中核企業となるソフトバンク・インベストメントに集約することで、ソフトバンクの子会社としての体制から、ソフトバンク・ファイナンスグループ(現SBIグループ)としての体制を作る。

ソフトバンク・インベストメント株式会社は、ソフトバンク・ファイナンスの子会社として1999年7月8日に設立。翌2000年12月15日大阪証券取引所ナスダック・ジャパン市場(現・大阪証券取引所ヘラクレス市場)に上場。 2003年6月2日にイー・トレード株式会社との合併を行い、2005年7月1日にSBIホールディングス株式会社に商号を変更するとともに、SBIベンチャーズ株式会社(同時にソフトバンク・インベストメント株式会社に商号変更。その後、SBIインベストメント株式会社に商号変更)にファンド事業を移管することで、持株会社体制へと移行した。 その後、順次ソフトバンクグループ保有分の株式の売却が行われ、2006年8月2日に全ての売却を完了。ソフトバンクグループから完全に独立した。ネット証券最大手。月刊誌FACTAに対して損害賠償請求を行い勝訴した。【wikipediaより抜粋】

ということで、

みなさんご存知のソフトバンググループから派生したネット証券最大手の企業です。

もう少し補足しましょうか?

SBIホールディングス株式会社
SBI Holdings, Inc.
Izumi Garden Tower from Tokyo Tower.jpg

本社の所在する泉ガーデンタワー
種類 株式会社
市場情報
東証1部 8473
2000年12月15日上場
SEHK 6488
2011年4月14日 – 2014年6月25日
大証1部(廃止) 8473
2002年11月27日 – 2013年7月12日
略称 SBIHD
本社所在地 日本の旗 日本
〒106-6019
東京都港区六本木一丁目6番1号
泉ガーデンタワー19階
設立 1999年(平成11年)7月8日(ソフトバンク・インベストメント株式会社)
業種 証券、商品先物取引業
法人番号 6010401045208
事業内容 株式等の保有を通じた企業グループの統括・運営等
代表者 代表取締役社長 北尾吉孝
資本金 816億81百万円
(2014年3月31日現在)
売上高 連結2,328億円
(2014年3月期)
総資産 連結2兆8,753億円
(2014年3月31日現在)
従業員数 連結 5,352名 / 単体 172名
(2014年3月31日現在)
決算期 毎年3月31日
主要株主 日本トラスティ・サービス信託銀行(信託口) 4.2%
NORTHERN TRUST GLOBAL SERVICES LIMITED RE 15PCT TREATY ACCOUNT (NON LENDING) 4.0%
日本マスタートラスト信託銀行(信託口) 3.1%
サジヤツプ 2.5%
ジェーピー モルガン チェース バンク385164 2.0%
日本トラスティ・サービス信託銀行(信託口9) 1.8%
北尾 吉孝 1.7%
NORTHERN TRUST CO. (AVFC) RE 15PCT TREATY ACCOUNT 1.4%
ステート ストリート バンク ウエスト クライアント トリーティー 505234 1.3%
日本証券金融 1.3%
(2015年3月末現在)[1]
主要子会社 SBIインベストメント株式会社
株式会社SBI証券
住信SBIネット銀行株式会社
SBIカード株式会社
SBI損害保険株式会社
SBI生命保険株式会社

とんでもない大企業です・・・

年収ランキングでは6位ですので、就職先としても将来安泰企業と言えます。

この資産3兆円規模の大企業が仮想通貨を激推ししています。

それを「怪しい」とするならば、

正直、あなたの考え方や価値観、常識を疑わざるを得ません。

そんなSBIグループの北尾会長が、

仮想通貨、XRP、Ripple可能性、有用性、将来性について語っています。

あなたの人生を劇的に好転させる動画をお見せします。

【注意】この動画を見終わった後、万が一、あなたが私の指示通りに行動できなかった場合、

一生後悔する可能性がありますので覚悟して見るようにお願いします。

※2017年6月29日に行われた、SBIホールディングスの経営近況報告会での発言の一部です。

驚きましたか?

しかし、驚くのも無理はありません。

TVやマスコミはこういった”重要な情報”を報道しませんからね。

何故だか解りますよね?

私が、仮想通貨を保有し始めたのは、

去年の今頃です。

「興味本位」で始めたのですが、

仮想通貨について知れば知るほど奥が深く、

そして、今の現代社会における貧富の差を埋めるために

必要な存在であると確信しました。

また、未来を見据えたとき、

仮想通貨に使用されているブロックチェーン技術は、

知らず知らずのうちに生活の中に溶け込み、

我々の生活をより豊かにするものであることもわかりました。

自慢をする訳ではありませんが、

私がビットコインを保有し始めてから

現在、10倍以上の価値となっています。

北尾会長が説明しているリップルと言う仮想通貨に到っては、

去年の今頃の価格は1XRP=0.8円ほどでした。

現在、約22円ですので、20~30倍の価格となっています。

実はそれが仮想通貨が情報操作される理由です。

伝わっていますか?

要は一般大衆、皆が皆、

莫大な富を得ることとなってしまっては

不都合が生じるのです。

そのため、

現段階において、

「仮想通貨」=「怪しいもの」

「仮想通貨」=「危険なもの」

そういった悪いイメージをある一定数の人々に植え付けておく必要があるのです。

なので、TVやマスコミは、仮想通貨のポジティブなニュースよりも、

ネガティブなニュースの方を取り上げていくのです。

言葉を選ばずに伝えると、

「我々は、マスメディアから洗脳を受けている奴隷なのです」

そして、その洗脳を解き、奴隷的労働から解放されるには

自らで学び、真実と向き合い続ける他ありません。

残念ながら

こういった話は100人に話しても理解されるのは

20人程度というのが統計的にわかっています。

そして、実際に行動に移す人の数はたったの3人です。

【行動できる人】

【行動できない人】

さて、あなたはどちらの人でしょうか。

皮肉にも、世の中の富裕層や、成功者と呼ばれる

人達の数も3%程度と言われています。

このチャンスに気付きながらみすみす見逃してしまうのが、

大多数の97%の人達。いわゆる貧困層の人達です。

私はあまり人にあれこれ勧めませんが、

ここで会ったのは間違いなく何かの縁でしょう。

1つだけ伝えさせてください。

今すぐに、SBIグループが提携しているリップル社の

仮想通貨(リップル)を円と両替しましょう。

怖いなら1000円分でも構わないと思います。

リップルが実際に国際送金に使われ始めたら、

その価値は160円程に膨れ上がると言われています。

今の価格の8倍です。

チャレンジすることを恐れてはいけません。

一生涯、

奴隷的労働から解放されることなく、

働きありのように働き続けることを

選択するのも、もちろん自由です。

しかし、

AI、ロボットの技術の発展により、

多くの人々の職が奪われ、

働くことすら出来なくなる可能性すらあるのです。

※現在進行形で奪われています。

そう、

何も行動しないことこそがリスクなのです。

現在、仮想通貨の「リップル」を購入できる

日本の仮想通貨取引所は、こちらのみです。

過去に友人のために作った

口座開設マニュアルを今回、特別に配布します。

▲※登録自体は非常に簡単です。

良ければご活用ください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする